僕の人生を激変させた年収2億のド変態師匠が教える成功法則はこちら≫

ブログ記事添削 Asunaroさん

添削記事

こんにちは、たかです。

 

先日僕が運営し始めたコミュニティで、ブログ記事orSNSプロフィール添削企画を開催しました。

今回の記事では1人目の当選者のAsunaroさんのブログ記事を添削していこうと思います。

それではいきましょう!

 

悩める子羊必見!やりたいことを見つけるには?
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?エンジニア×Webマーケッターのあすなろ隊長です。 今回は、多くの方が悩めるやりたいことが見つからない問題について、私の事を例に少しでも見つけられるお手伝いをしたいと思います。 ・やりたいことが見つかりや

Asunaroさんのブログ記事はこちら↑

 

冒頭部分

この部分についてなのですが、「多くの方が悩めるやりたいことが見つからない問題」と書かれているのですが、もう少し読者の悩みを言語化してあげると、読み進めてもらいやすくなると感じました。

 

僕が修正するとすれば、

「やりたいことが見つからないんだけど、どうすればやりたいことを見つけられるだろう?」

「やりたいことが見つからないから人生面白くないな〜」

というように読者が思っているであろうことを言語化します。

 

このように言語化することによって、この部分を見た読者の方は

「まさに自分が悩んでいたことだ!」

というように、自分に向けて書かれた記事だと認識して読み進めてくれるようになります。

さらに、読者の気持ちを汲み取って言語化しているため、読者との信頼関係を築くこともできます。

 

見出し

見出しについてなのですが、読者の方に届いて欲しいという思いは伝わってくるのですが、

「〇〇しろ!」というように命令口調で書いてしまうと読者の方が怖がったり、

中には「いきなり何だよ」と思われる方もいらっしゃいます。

これらのように思われてしまうと、記事を最後まで読んでもらえなくなるため、滞在時間が落ちてしまう可能性が高くなります。

 

そのため、

「〇〇しましょう」

「〇〇しよう」

と優しく言ってあげるのが無難です。

 

全体を通して

全体を通して気づいたことを。

もう少し、文章に改行を加えるとより読みやすくなるかと思います。

 

人間の99%は活字アレルギーなので、基本的にブログの記事は読んでくれません。

(マンガか小説どちらの方が好きかを尋ねると、ほとんどの確率でマンガと返ってくることから、そのようなことがわかります)

さらに、そこに文字が間隔なくビッシリと埋まっていると、読みにくいと思ったり、読む気を無くしてしまったりして、ブログから離脱されてしまう可能性もあります。

 

そのため、もう少し改行を加えることをおすすめします。

 

意識して欲しいこと

今回の企画を通してA sunaroさんに意識して欲しいと思ったことが「もっと読者さん目線になって記事を書いてみる」ということです。

 

文章もわかりやすく丁寧に書かれているので、読んでいる方は面白いと感じると思います。

(非常に惜しいです)

ですが、基本的に読者の方は読んでくれていないので、その辺りを意識して

 

「どうしたら読者の方はもっと読んでくれるかな?」

「どうしたら読みやすいと思ってもらえる記事を書けるだろうか?」

 

ということを考えながら書いてみてください。

少し面倒な作業かと思われるかもしれませんが、これを意識して継続していると、自ずとブログ記事も読まれファンもついてくるかとと思います。

 

今回の添削は以上になります!

次回も参加お待ちしております(^^)

 

※1200円の電子書籍が無料で読めます

現在僕は、顔を一切表に出すことなくネットから発生する収益のみで生活しています。

学生時代に、「会社に雇われて縛られた生活をしたくない」という不安から、僕はビジネスの世界に参入しました。

 

今でこそネットから発生する収益のみで生活できていますが、始めの頃は

30万の高額塾の詐欺に遭う

・そのせいで週7日も働く労働地獄に陥る

・ビジネス開始5ヶ月間は収益0

と、特別な才能もなく失敗を重ねる毎日でした。

 

ですが、こんな僕でも「年収2億を稼ぐ経営者」に弟子入りし、何100万も知識に投資し行動しまくったことで人生を大きく変えることができました。

 

何100万も投資して学んできてわかった成功するための原理原則や、30万の詐欺被害から這い上がり起業して人生を変えた物語を電子書籍にて赤裸々に公開しています。

10分ほどでサクッと読めるようになっているので、もし興味があれば読んでみてくださいね。

▶︎1200円の電子書籍を無料で読んでみる

たかの公式メールマガジン | たか
添削記事
TAKA LIKE

コメント

タイトルとURLをコピーしました