僕の人生を激変させた年収2億のド変態師匠が教える成功法則はこちら≫

今の時代、まだ副業を禁止している会社ってどうなの?

コラム

こんにちは、たかです。

 

今回は「今の時代、まだ副業を禁止している会社ってどうなの?」というテーマで書いていこうと思います。

最近の日本は「終身雇用の崩壊」を宣言したり、「老後2000万円問題」など、将来におけるおかねのもんだいや不安がどんどん炙り出されてきていますね。

 

そこで、そのお金の問題の対策として「副業解禁」をしている会社がどんどん増えてきていますよね。

以前までは「副業なんて二足のわらじではしたない!」という風潮でしたが、どんどん副業に取り掛かれる状況が整っているのはとても良い状況です。

 

まず、会社の給料に加えて副業の収入が加われば、現在の生活よりも豊かな生活を送れるようになりますし、お金の問題で普段行けなかった旅行や、購入したかった服、友人との楽しい飲み会なども我慢しなくて良くなるため、人生の幸福度も目に見えるように向上します。

 

さらに言うと、「今の会社が嫌だから何とかして脱サラしたい!」と思っている方は、副業を極めることができれば簡単に脱サラして、自分の好きなように生きていくこともできます。

現にこの記事を投稿している僕も、学生の頃に「会社に縛られる人生は嫌だ!」と思い、就職から逃げるようにインターネットを使って起業し、たった1年で会社員の給料を軽く超え、インターネットから発生する収益のみで生活することができています。

(世の中本当にイージーゲームになりましたね。笑)

 

インターネットで発生する収益で生活できるようになってからは、

・朝起きるときに目覚まし時計がいらない

・満員電車に乗らずタクシーで移動

・飲み会の割り勘で気を使うどころか、全て自分が奢ることができる

というような生活を送れています。

 

今でこそこのような生活を送っていますが、もともと僕も才能があった方ではなく、

・高校の数学のテストで100点満点中4点を記録

・ネットで30万円の詐欺にあう

・起業後5ヶ月間収益0円

など、どちらかというと落ちこぼれの部類に入ります。

そして、スーパーで売っている100円の食パンを買う時ですらヒーヒー言っていたし、30万円の借金をするなどお金がない時期も経験しています。

 

しかし、こんな落ちこぼれでも本気で副業(インターネットを使ったビジネス)に取り組むとたった1年で人生を変えることができています。

僕がインターネットで起業してから現在に至るまでの物語は、「自分自身に誇りを持てる人生を」たかの物語と理念について。をご覧ください。

「自分自身に誇りを持てる人生を」たかの物語と理念について。
初めまして。たかと申します。 僕は学生の頃に、インターネットを用いたビジネスに出会い、学校の勉強と就職活動...

 

そしてこのように、副業には本当に夢があります。

ですが、中にはこんなにも人生を豊かにすることができる副業をまだ禁止にしている会社がたくさん存在しています。

 

副業を禁止にしているだけでも、もうその会社はどうしようもないのですが、「なぜ会社側は副業を禁止にするのか?」ということについてお話ししていきたいと思います。

 

会社側が副業を禁止にしている理由

ここからは会社側が社員の副業を禁止にしている理由についてお話ししていこうと思います。

まず、会社側が副業を禁止にしている理由として一番大きいのが「副業を通して個人で稼げるようになって会社を辞められると困るから」ということです。

 

先ほどお伝えした通り、副業は極めれば極めるほど、大きな金額を稼ぐことができてしまいます。

(人によっては億単位のお金をあっさりと稼いでしまいます)

そしてもし仮に、社員全員が副業で成功すると、会社員でいる必要がなくなってしまうため、どんどん社員が退職してってしまいます。

どんどん社員が退職していってしまうと、人員不足になり、その会社はいずれ倒産してしまいます。

 

そのため、会社側は副業を禁止にしているのです。

本当に僕のような元々才能のカケラもなかった人でも、努力次第で会社員の給料よりも稼げてしまうため、会社側としては副業をして欲しくないでしょうね。

 

ですが、僕たちは会社で働くために生まれてきたわけではありまあせんし、人生は一度きりなので自分の思い描いた人生を歩むべきです。

ところが、自分の思い描いた人生を歩むためには、やはり最低限のお金は必要になってきます。

そのために僕は「副業に取り組む」ことを推奨しています。

 

「じゃあどんな副業が一番稼ぎやすいんだ?」

と、思われると思います。

ここからは才能がなくても稼ぎやすく再現性のある副業を紹介していきますね。

 

副業として一番稼ぎやすいのは〇〇

僕が推奨している副業の中で一番稼ぎやすいのは「インターネットビジネス」です。

巷では「ネットビジネス」と呼ばれるものですね。

 

ネットビジネスと聞くと、

「何か詐欺をする奴じゃないのか?」

「ねずみ講をやって人を騙す仕事じゃないのか?」

と思われる人も多いんじゃないかと思います。

 

確かに、これらもネットビジネスの一部に入りますが、別にネットビジネスの全てが詐欺行為をするわけではありません。

簡単に説明すると、ネットビジネスとは「インターネットというテクノロジーを用いたビジネス」のことで、実店舗を構えたリアルビジネスと行なっていることはほとんど変わりません。

というよりも、リアルビジネスで行なっていることをそのままインターネット上に持ってきただけなのです。

もし、まだネットビジネスが怪しくて仕方がないと思っている方は、ネットビジネスって実は怪しい?ネットビジネスって本当に稼げるの?をご覧ください。

ネットビジネスって実は怪しい?
こんにちは、たかです。 ネットビジネスって聞くと、大体の人が、 ・寝てても100万稼...
ネットビジネスって本当に稼げるの?
こんにちは、たかです。 あなた ネットビジネスって本当に稼げるの? どうや...

 

有名なネットビジネスの例を挙げると

・Amazon

・楽天

・Yahooショッピング

これらも歴としたネットビジネスなのです。

 

なぜインターネットビジネスは稼ぎやすいのか?

副業というと、自分が持っている資格を生かして他の所へ派遣されて働いたり、夜勤のコンビニバイトなどのイメージが強いと思います。

それもそれで稼げることは間違い無いのですが、インターネットビジネスはインターネットにつながる環境があればどこでもできますし、朝だろうが夜だろうがいつでも取り組むことができます。

 

そして、取り組めば取り組むほどレバレッジがかかり、インターネット上で自動で収益を生み出してくれる仕組みを作ることができます。

(いわゆる不労所得ってやつですね。)

 

※レバレッジ=てこの原理

 

自分の体を動かすスタイルの副業だと、行える時間や体力も関係してくるので収入に限界が出てきてしまいます。

ですが、インターネットは自分が寝ていようが趣味に打ち込んでいるときであろうが、自分の分身が勝手に働いてくれるので、収入に壁がありません。

 

これが、僕がインターネットビジネスを推奨する一番大きな理由です。

 

具体的には何をすればいいのか?

「インターネットビジネスが稼ぎやすいのは分かった、じゃあ具体的には何をすればいいんだ?」

と思われるかと思います。

 

ほとんどの情報発信者は「ネットビジネスは稼げるよ!じゃあ後はがんばってね!」というように読者の方を見放してしまいます。

そのせいで、ネットビジネスに挑戦するも何すればいいのかわからないため、稼げないから諦めていってしまう人が後を経ちません。

 

そのような状況はおかしいと思うので、インターネットビジネスを駆使して、収益を右肩上がりに伸ばしていくための無料メール講座を配信しています。

さらに期間限定で無料メール講座に登録した人にだけ、1200円で販売している電子書籍を特別に無料でプレゼントしています。

登録者が多くなってくると、プレゼントとメール講座の配信を終了する可能性があるので、お早めに登録しておくことをおすすめします。

 

あとは、やるかやらないか?

それだけです。

▶︎無料メール講座と電子書籍を無料で読む!

たかの公式メールマガジン | たか

 

※1200円の電子書籍が無料で読めます

現在僕は、顔を一切表に出すことなくネットから発生する収益のみで生活しています。

学生時代に、「会社に雇われて縛られた生活をしたくない」という不安から、僕はビジネスの世界に参入しました。

 

今でこそネットから発生する収益のみで生活できていますが、始めの頃は

30万の高額塾の詐欺に遭う

・そのせいで週7日も働く労働地獄に陥る

・ビジネス開始5ヶ月間は収益0

と、特別な才能もなく失敗を重ねる毎日でした。

 

ですが、こんな僕でも「年収2億を稼ぐ経営者」に弟子入りし、何100万も知識に投資し行動しまくったことで人生を大きく変えることができました。

 

何100万も投資して学んできてわかった成功するための原理原則や、30万の詐欺被害から這い上がり起業して人生を変えた物語を電子書籍にて赤裸々に公開しています。

10分ほどでサクッと読めるようになっているので、もし興味があれば読んでみてくださいね。

▶︎1200円の電子書籍を無料で読んでみる

たかの公式メールマガジン | たか
コラム
TAKA LIKE

コメント

タイトルとURLをコピーしました