僕の人生を激変させた年収2億のド変態師匠が教える成功法則はこちら≫

ビジネスを知らない高校の友人と久しぶりに遊んだ時の話

おすすめ記事

こんにちは、たかです。

 

 

僕は先日、高校の頃ずーっと仲良くしていた友人と遊んできました。

 

遊んだ内容はカラオケだったのですが、

ここでもビジネスに役立つことや発見や勉強があったので、共有していこうと思います。

 

ネットビジネスをしていると告白

久しぶりに友人と会い、

懐かしみながら、カラオケ店に入っていきました。

 

それぞれの近況報告などを交わしている時に僕は、

 

「自分はネットビジネスで今は生計立てているんだよね」

 

ということを告白しました。

 

すると友人は、

 

「え!?それって危ないやつじゃないの?」

 

と、大半の人が取るリアクションを取っていました。

 

僕はこうなるだろうとは思っていましたが、

案の定予想通りになったので、

 

ネットビジネスは怪しくないということを論理的に説明したことで、

友人は納得してくれました。

 

 

ネットビジネスは怪しくないということは、

 

ネットビジネスって実は怪しい?
こんにちは、たかです。 ネットビジネスって聞くと、大体の人が、 ・寝てても100万稼...

 

こちらの記事で説明しているので、

興味がある人はこちらからご覧下さい。

 

 

やはり、ネットビジネスについて知っているか知らないかでは、

偏見や先入観が強く働くのだと改めて認識しました。

 

そして、ほとんどの人が、

 

・寝ていても月収100万

・1クリックで50万円

・スキマ時間でも軽々稼げる

 

などの、詐欺まがいのことをイメージするのだと思います。

 

確かに、このような行為を行っている人も実在しますが、

全員がこのようなことをしているかと言えば、それは違います。

 

ネットビジネスは、まだ世間的に怪しいものでしかないのだなと再認識しました。

 

カラオケもビジネスを学べる宝庫だった

友人に、ネットビジネスは怪しくないということを説明できたら、

そのあとは、純粋にカラオケを楽しんでいました。

 

楽しんでいたのですが、

職業病か、どうしてもビジネス視点でカラオケを見てしまう自分がいたんですよね。

 

僕がトイレに行った時に、QRコードが貼られていたのを見て、

 

「あー、ここでリストを取っているんだなー」

 

と、瞬時にわかりました。

 

やっぱり知っていると、このような戦略などもわかるし、

もしその戦略が良いものであれば、自分のビジネスに取り入れることも出来るので、

 

知識への投資は大事だなと身にしみて感じました。

 

 

さらに、食べ物が書いてあるメニューなども、

椅子に座ると確実に視界に入る場所に置いてあるのも、

 

「一旦メニューを開かせて、食欲をそそってメニューを頼ませる作戦なんだろうなー」

 

とも思いました。

 

 

カラオケにいって食べ物を頼む人は、

メニューが視界に入ろうが入らなかろうが、

 

手に取って頼むと思いますが、

 

わざと視界に入るところに置くことによって、

頼む予定が無かった人にも、メニューを認知させて、

お腹がすいたら頼ませるという作戦もさすがだなと思いました。

 

 

やはり、このような作戦や戦略を意識しながら見ると学べるところが多いですし、

何より楽しいですね。

 

そして、良いところがあれば、

透かさず自分のビジネスに組み込む。

 

これを徹底すれば、

より上のレベルへ上がれると思います。

 

※1200円の電子書籍が無料で読めます

現在僕は、顔を一切表に出すことなくネットから発生する収益のみで生活しています。

学生時代に、「会社に雇われて縛られた生活をしたくない」という不安から、僕はビジネスの世界に参入しました。

 

今でこそネットから発生する収益のみで生活できていますが、始めの頃は

30万の高額塾の詐欺に遭う

・そのせいで週7日も働く労働地獄に陥る

・ビジネス開始5ヶ月間は収益0

と、特別な才能もなく失敗を重ねる毎日でした。

 

ですが、こんな僕でも「年収2億を稼ぐ経営者」に弟子入りし、何100万も知識に投資し行動しまくったことで人生を大きく変えることができました。

 

何100万も投資して学んできてわかった成功するための原理原則や、30万の詐欺被害から這い上がり起業して人生を変えた物語を電子書籍にて赤裸々に公開しています。

10分ほどでサクッと読めるようになっているので、もし興味があれば読んでみてくださいね。

▶︎1200円の電子書籍を無料で読んでみる

たかの公式メールマガジン | たか
おすすめ記事物語
TAKA LIKE

コメント

タイトルとURLをコピーしました