上位1%しか知らない収益UPの秘密を限定配信中!≫

ブログのアイキャッチ画像を作るときに最低限意識するべきこと

 

いつも応援クリックありがとうございます。

 

みなさんこんにちは、たかです。

 

ブログのアイキャッチ画像は何か意識して作られていますでしょうか?

 

何を意識して作ればいいのかわからない、

 

もしくは何も意識せずに適当に作られている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

ブログのアイキャッチ画像を作るときには、

最低限意識するべきことがります。

 

今回お伝えする内容を意識できるようになると、

読者の方にブログ記事を開いてもら会える可能性が高くなります。

 

 

なので、ブログのアイキャッチ画像で悩んでいる方は、

ぜひ読み進めてみてくださいね。

 

興味を持ってもらえる画像を作ろう

当然のごとく、ブログ記事を読んでもらうためには、

読者さんがブログ記事に興味を持つようなアイキャッチ画像を作る必要があります。

 

「なに当たり前のこと言ってんだよ」

 

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

これが意外と意識できていな方が多いんです。

 

 

僕は不定期でブログの無料コンサルをする時があるのですが、

その時に、

 

たか
たか

この画像はどのような意図で画像を作られましたか?

 

と、質問すると

「適当になんとなくで作りました」

 

という回答をする方が意外と多かったです。

 

 

それくらいほとんどの人は、

アイキャッチ画像を適当に制作しています。

 

適当に制作すると、

それはもちろんお客さんもその記事を読もうとは思わないですよね。

 

だって、興味を惹かれないですからね。

 

 

逆に言えば、多くの人が適当に画像を作っているので、

 

この部分をしっかりとお客さん目線で考えて作成することができれば、

他の人と一気に差別化することができます。

 

4NOTのNOT OPENを越えよう

コンテンツを作る際に意識しておくべきことがあります。

 

それは、4NOTという壁を越えることです。

 

4NOTとは

 

・NOT OPEN・・・開かれない

・NOT READ・・・読まれない

・NOT BELIEVE・・・信じられない

・NOT ACT・・・行動してもらえない

 

このような意味があります。

 

人間は基本怠惰な生き物なので、

このような習性があります。

 

 

ですが、これらを越えるように意識したコンテンツを作ることで、ブログが読まれたり、商品が売れて収益が上がります。

 

 

ブログのアイキャッチ画像は、4NOTのうちのNOT OPENを越えるための役割を果たします。

 

なので、この部分がおろそかになっていると、

スタート地点に立つこともできません。

 

ブログのアイキャッチ画像を作るときは、

NOT OPENを越えることを意識して作成しましょう。

 

 

では、どのようなアイキャッチ画像を作ればいいのか?

 

僕は、canvaというアプリを使って作成しています。

 

canvaはアプリ内課金もありますが、

基本的に無料でも問題なく使えます。

 

なので、一つの方法として参考にしてみてください。

 

 

他にも

 

「ブログ アイキャッチ 作り方」

 

と、ネットで検索をかければたくさん出てくるので、

自分に合う方法を見つけてみてください。

 

 

あなた

作り方はわかったけど、どんなデザインにすればいいの?

 

僕がよくおすすめする方法なのですが、

 

YouTuberとして有名な

 

・ヒカキン氏

・ヒカル氏

・はじめしゃちょー氏

 

本業はYouTuberではありませんが、

レペゼン地球などの売れている人のアイキャッチ画像を参考にしてみると、良いアイキャッチ画像が作れます。

 

 

他にも、人気ブロガーの方なども参考にしてみると、

良いアイキャッチ画像を作ることができるので、

いろいろ試してみて、一番良い方法をみつけましょう。

 

最後まで読んでくれたあなたに。

「ネットビジネスで稼げるようになりたいです」

「会社に雇われずに生活したいです」

「どうやったら自動で収入を得られますか?」

 

このようなお悩みをたくさんいただいたので、

1つの書籍にまとめました。

 

詐欺にあうほどの情弱だったのに、働かずに月20万を稼げるようになった男が、ネットで稼ぐために必要なことを全て、この1冊で伝えようと思う。

 

期間限定で無料で配布しているので、

気になる方は、ぜひ見てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました