月収5万→30万→100万と収益を上げる秘訣はこちら!≫

記事を最後まで読んでもらう方法とは?読者のために○○をしよう

 

いつも応援クリックありがとうございます。

 

こんにちは、たかです。

 

この記事を読んでいる方には、

ブロガーの方だったり、アフィリエイターの方が多いと思います。

 

ブロガーやアフィリエイターの方だったら、少なからず売り上げを上げたいと思っている方が多いと思います。

 

売り上げを上げるには、

コピーライティングだったり、セールスの技術だったりと、

色々必要になってきます。

 

ですが、コピーライティングやセールスの技術といったテクニックはまだ先の話であって、

 

売り上げを上げるためには、先に重要なことがあります。

 

まず重要なこと、それは

 

売り上げを上げるための記事を読んでもらうことです。

 

コピーライティングや、セールスの技術がどれだけ優れていても、

まず記事を読んでもらうことができなければ、売上は一切上がりません。

 

なのに、優先順位を間違って、

先にコピーライティングやセールスの技術を磨こうとする人がとても多いのが現状です。

 

今回の記事では、記事を読み進めてもらうために大事なことをお伝えしていきます。

 

「記事を読んでもらいたいのに、読んでもらえない!」

という方はぜひ読み進めてみてくださいね。

 

当ブログを訪れてくれたあなたに
プレゼントを

 

どうしたらお客さんに記事を読んでもらえるのか?

お客さんに記事を読んでもらえる人と、読んでもらえない人には明確な違いがあります。

 

どのようなことかというと、お客さんにその記事を読むメリットを提示できているか?ということです。

 

要するにタイトルの部分が大事だよねってことになります。

 

タイトルに関しては、↓こちらの記事でお伝えしているので、この記事と一緒に読み進めてみてください。

 

魅力的なブログタイトルのつけ方は?読者に読まれるタイトルのつけ方をお伝えします
こんにちは、たかです。 最近僕の元に 「ブログのタイトルの付け方を教えてください!」 「どうやったらクリック率の高いタイトルをつけれるんですか?」 っといったメッセージが送られてきます...

 

お客さんに記事を読んでもらえるタイトルをつけることができれば、次は中身を変えていく必要があります。

 

記事の中身でも意識するべきことがあります。

 

それは、お客さんが価値を感じることを記事の内容で伝えることです。

 

例えば、あなたは自分に何のメリットもなく、面白みのない記事を読み進めようとは思いませんよね?

 

ですが、そのような記事を書いてしまっているため、

お客さんは自分の記事を読み進めてくれないのです。

 

あなた

じゃあお客さんが価値を感じることって何なんだよ?

 

という疑問を持つ方が多いと思います。

 

お客さんによって価値を感じるものは変わってくるというのが結論ですが、

全ての人が共通して価値を感じるものがあります。

 

それは、自分の悩みやコンプレックスを解消できるということです。

 

 

例えば、あなたは太っているとします。

そして楽に痩せる方法を知りたいと思っています。

 

そこで「楽に痩せる方法!」と書いた記事があるとしまあす。

 

するとあなたは、楽に痩せる方法を知りたいと思っていたので、喉から手が出るほどその記事を読みたいと思うわけです。

 

なぜなら、楽して痩せたいという悩みを解決できるかもしれないからです。

 

もっと言えば、楽して痩せるということに価値を感じているから、その記事を読むわけです。

 

 

この記事を読んでいる方も、

「読者に読んでもらえる記事を書けるようになりたい」

 

という悩みがあったから、この記事を読んでいるわけです。

 

この記事を読むことで、

自分の悩みを解決できるかもしれないということに価値を感じたので、この記事を読んでいるわけです。

 

 

このようにお客さんに価値を提供する記事を書くことができれば、必然的にその記事は読んでもらうことができます。

 

ですが、逆に読んでもらえないというのは「自分が描きたいだけの記事」を書いてしまっている可能性が非常に高いです。

 

ストレートに言ってしまうと、その記事には需要がないのです。

 

「お客さんはどのようなことに悩んでいて、どんな風に解決したいんだろう?」

 

ということを必死に考えて記事を書くことができれば、

あなたの記事を読んでもらえる可能性は高くなります。

 

どんどん需要のある記事を書いて、自分のお客さんに価値を提供していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました