月収5万→30万→100万と収益を上げる秘訣はこちら!≫

読者が読みやすいと感じる文章の書き方

 

いつも応援クリックありがとうございます。

 

こんにちは、たかです。

 

僕のブログを見てくれている人は、ブログやメルマガで発信されている方が多いのではないでしょうか?

 

もし、文章を書いて発信していくなら読者が読みやすいと感じ、

伝えたいことを相手が理解できるような文章を書いていく必要があります。

 

僕は様々な方の文章を添削してきたのですが、

ほとんどの人がそのような文章を書けていませんでした。

 

せっかく文章で発信すると志しているのに、

伝えたいことが相手に伝わっていなければ非常にもったいないです。

 

実は読者が理解しやすいと感じる文章には「型」というものがあります。

 

この型に沿って文章を書いていけば、

初心者の方でもわかりやすい文章を書くことができます。

 

今回はその型についてお話していきますね。

 

当ブログを訪れてくれたあなたに
プレゼントを

 

読みやすい文章の型って?

読者が読みやすいと感じる文章を書く方法。

 

それは「PREP法」という型に沿って書くことです。

 

PREP法に沿って文章を書くことで、

読者に伝えたいことをわかりやすく伝えることができます。

 

ですが、そもそもPREP法って何だよって話ですよね。

 

まずはPREP法について説明しますね。

 

PREP法とは

PREP法とは

 

  • P(Point)→結論
  • R(Reason)→理由
  • E(Example)→具体例
  • P(Point)→結論

 

という意味があります。

 

これだけではわからないと思うので、

もう少し掘り下げて説明しますね。

 

 

まずはPの部分。

 

初めのPの部分では、記事を通して1番伝えたいことを言ってしまいましょう。

 

例えば、痩せるためには食事が大事だということを伝えたいのであれば、

一番最初に食事が大事だと言ってしまいましょう。

 

 

次はRの部分です。

 

Rの部分では、なぜそのようになるのかを伝えてあげましょう。

 

先程の痩せるためには食事管理が大事だと言うことを伝えたいのであれば、

しっかりと食事が制限できていて、なおかつ栄養が取れていないと、何をしても痩せることができないからというように、理由を説明してあげましょう。

 

 

次Eの部分です。

 

Eの部分では、結論についての具体例を挙げましょう。

 

先程の食事のことを例にあげると、

食事を大切にしたことで起きた具体例を挙げましょう。

 

例えば 「私は食事管理を徹底したことで2ヶ月で5kg痩せて、腹筋を割ることができました」 というように、

相手がイメージしやすい例を出してあげるのがベストです。

 

 

最後はPの部分です。

 

この部分は最初の部分とあまり変わらないのですが、

ポイントとして最後は 「〜だから食事管理は痩せるためには大切なことです」 というように、

初めよりも強調することで伝えたいことにより説得力が増し、相手に伝えたいことをわかりやすく伝えることができます。

 

文章を書く時はPREP法を使おう

文章を使って発信するなら、PREP法は必須と言っても過言ではありません。

 

それだけPREP法は、伝えたいことをわかりやすく伝えるための手段になります。

 

普段からPREP法の型を意識して文章を書いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました