月収5万→30万→100万と収益を上げる秘訣はこちら!≫

稼げる人と稼げない人の違いとは

 

いつも応援クリックありがとうございます。

 

こんにちは、たかです。

 

世の中には何億と稼ぐ人もいれば、全然稼げない人もいますよね。

 

その2者の違いは一体何なのか?

 

そして、何億と稼いでいる人はどうやって稼いでいるのか?

 

今回の記事では、このような内容をお伝えしていきますね。

 

 

当ブログを訪れてくれたあなたに
プレゼントを

 

たくさん稼いでいる人は価値提供をしている

結論から言うと、何億と稼いでいる人は、「価値提供」をしてお金を稼いでいます。

 

どういうことかというと、自分の知識・スキル・経験をフルに活用して価値を提供し、その対価としてお金を頂いています。

 

 

わかりやすいもので言えば、コンサル業ですね。

 

コンサルティングは自分の専門とする知識をクライアントに与え、その対価としてお金を頂いています。

 

クライアントはその知識や経験に、お金を払うほどの価値を感じているので、お金を払います。

 

このようにして、ビジネスは成立しているんです。

 

 

この価値提供というのは、自分のオフィスなどを建てる必要が無いため、元金がほぼ0でできてしまいます。

(コンサルをするまでの自己投資額は無しにしています)

 

言ってしまえば脳みそさえあれば稼げてしまうわけです。

 

脳みそさえあればいいので、場所も時間も関係ない、稼ぎたい時に稼げてしまうわけです。

 

そのため、何億と稼げる人はたくさんお金を稼ぐことができているのです。

 

 

時給脳を捨てないと稼げるようになれない

何億も稼げている一方で、そこまで稼げていない人もいらっしゃると思います。

 

そのような人達に共通していることがあります。

 

それは「時給脳」を持っているということです。

 

そもそも時給脳とはなんなのか?

 

時給脳とは、時間を切り売りしてその対価としてお金をもらうという思考です。

 

 

アルバイトやパートがまさしくそうですね。

 

現実を突きつけますが、時間を切り売りしてお金を稼ぐ方法では限界があります。

 

仮に時給1000円で24時間フルで働けたとしても1日で24000円しか稼ぐことができません。 

 

これを30日連続で続けられたとしても、1ヶ月720000円しか稼ぐことができません。

 

しかも、単月24時間ぶっ通しで働くのを達成できたとしても、その分健康面への影響は計り知れません。

 

 

時給脳を捨てることができないと、何億と稼ぐことは不可能です。

 

たくさんお金を稼ぎたいと思うなら時給脳を捨てて、価値提供脳を上書きしましょう。

 

お金を稼いでいる人は、誰一人として時給脳を持っていません。

 

もしあなたがたくさんお金を稼ぎたいと思うのであれば、まずは時給脳を捨てるところから始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました